「タルムード」金言集から学ぶ女性お顔そりビジネス成功へのヒント「二人の乞食」

今回のお話は、タルムード金言集から「二人の乞食」という説話のご紹介になります。前回までの「魔法のザクロ」では、先に大切なものを失わなければ何も得られないノーペイン・ノーゲインについて、「難破船の三人の乗客」ではリスク管理の仕方から女性お顔そりビジネス成功へのヒントを考えて来ましたが、今日は人とお金を動かす仕組みについてです。

タルムードとは古代ヘブライ語で書かれた聖典で、ユダヤ人の教科書として母親が幼い子どもに読み聞かせをし、教えとなる説話を話しては、「あなたならどうする?」と工夫やアイデア、考え方を引き出す教育に使われているものです。この中には多くのビジネスヒントが含まれているので、そんな中から今日もまた、「二人の乞食」のお話を紹介していきますね。

——ここから——

中世のあるときに、二人のユダヤ人の乞食が、キリスト教王国フランスにやって来た。二人は生き延びていくために、お金を集めようと考えた。

一人はユダヤ教の象徴のダビデの星を置いて、道端で恵みを乞うた。もう一人は、十字架を布の上に置いて、道行く人に恵みを乞うた。当時のフランスは、キリスト教徒が圧倒的に多かったので、当然十字架を置いた方に多くの硬貨が投げられた。

十字架の方のユダヤ人にお金が貯まると、物陰でそのコインをダビデの星を置いているもう一人のユダヤ人に渡した。ダビデの星の方に硬貨が山と積まれ、十字架の方には全くないという状況をわざと作ったのだ。

たまたま通りかかったキリスト教の神父が、十字架の方の布には全く硬貨がないのに、ダビデの星には山ほど硬貨があるのを見て、「これは、キリスト教徒の乞食の方よ、おかわいそうに。キリスト教の神父である私がユダヤ人に負けないくらいにお金をお恵みさせていただきます」と言って、何枚ものコインを十字架の方の布に置いていった。

こうしたことを何日も繰り返して、二人は商売を始める元手を稼ぐことができた。

——ここまで——

もし二人が並んで物乞いをしていただけならどうでしょうか?どちらも、そこそこのお金はもらえたかも知れませんが、今回のお話のように商売の元手になるほどの稼ぎが出ることはなかったでしょう。ここで彼らが考えたのは、どうすれば人の心理が動くのかを計算したことです。ユダヤ教の方にだけお金が集まるのをキリスト教徒は見過ごすわけがないと考え、ダビデの星を置いた方にお金を積むという演出をする仕組みを作り出しました。

この仕組みづくりのことをビジネス用語ではプラットフォームという言い方をします。ここでお顔そりビジネスに置き換えて考えてみましょう。

10年前、20年前の話になりますが、理容サロンでの女性お顔そりは売上の主力メニューではなく月に数人が来店される「うぶ毛剃り」でした。この時代でもお顔そりの仕事が好き!という女性理容師さんがいましたが、それでも月に10人以上の来客あれば多い方で、客単価も3,000円以下、どちらかと言えば、ビジネスというよりも好きな趣味そのものが仕事になっているという感じでした。

ここに新しい考え方を持ち込んだのが「お顔そり美容法」です。お顔そり美容法は、うぶ毛を剃るのはもちろんのこと、古く固くなった不要な老化角質を、適度に優しくていねいに取り除き、皮膚構造を理解し、リンパの流れや筋肉の方向に沿ってカミソリ走行することで、お肌にたまった老廃物を排出、細胞の新陳代謝を活発にし、お肌の生まれ変わりを促進するお手伝いをする美容法であるという捉え方です。

この考え方が広まり始め、趣味のような仕事であったお顔そりから、女性お顔そりビジネスへのステップアップが始まりました。うぶ毛が伸びたからお顔そりをするのではなく、美容法なので定期的にお顔そりに通うことで客数が安定し、お顔そり美容法を続けることでお肌がどんどん良くなっていくことを感じられるからこそ、リピーターとしてお客様が定着し、さらにはオプションメニューやプロユース化粧品の店販などで客単価も大きく伸びていくことになります。

お顔そりビジネス 成功のためのツール

1、F22お顔そり専用化粧品、お顔そり専用のレーヨン100%タオル
2、お顔そり美容法工程を学ぶためのDVD、技術習得のためのシェービングスクール
3、客数を増やすためのお顔そり集客サポートツールの数々
4、集客方法を学ぶための理容よもやま話お顔そり美容法カテゴリー記事

お顔そり美容法ビジネスを構成しているのが、お顔そり専用化粧品であるF22化粧品シリーズやお顔そり専用のレーヨン100%タオル、ビーグラッドカミソリなどのお顔そり専用商材、お肌に過度な負担をかけることなく老化角質のみを取り除く技術を学ぶためのお顔そり美容法DVDやシェービングスクール、そして、新規集客、再来店へのアプローチ、リピーターとしての定着化に働きかけるお顔そりサポートグッズの提供やお顔そり美容法カテゴリーの記事になります。

皆さんは、もしご自身の息子さんがプロ野球を目指したいと言ったとき、誰に習わせたいと思われますか?大リーグでも活躍したイチロー選手ですか?テレビで野球解説をしているコメンテーターですか?それとも、グローブやバッドを作っているスポーツメーカーの無料イベントですか?この中なら、多くの方がイチロー選手を選ぶのではありませんか?

お顔そりビジネスの成功も同じです。実際に毎月100人、客単価10,000円という仕事をしている女性理容師さんから習うのが一番だし、お顔そりビジネスで成功している理容サロンやお顔そり専門店を知っているディーラー担当者さんとお話をすることが大切なのです。

美味しいラーメン屋さんは数え切れないほどあっても、お昼時以外に行列が出来るお店はそう多くはありません。もちろん、美味しくないラーメン屋さんにはリピート客は付きません。美味しいラーメンを作るための素材を揃え、それを美味しいラーメンとして提供できる調理の腕を持ち、さらには新規客を集める、もう一度食べに来たいと思ってもらえる、そして通い続けたいとお客様に感じていただける集客の仕組みづくりを揃えることで、人気のラーメン屋さんになります。

お顔そりも同じです。女性お顔そりがもっと増えたらいいな~と思っているだけでは何も変わりません。これからお顔そりに力を入れたい方は「お顔そり美容法を始めたい女性理容師さんへ!」という記事も参考になるかと思いますので、まだお読みでなかったら、ぜひご覧になってください。

また、女性お顔そりビジネスについて相談したい、質問してみたいという場合には、facebookメッセージやLINEトークから、お気軽にお声掛けください。よろしくお願いします。また、今回ご紹介したタルムード金言集に興味のある方は、全国の書店、amazon、楽天などでお求めになってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です