「タルムード」金言集から学ぶ女性お顔そりビジネス成功へのヒント「魔法のザクロ」

 

ノートPCを開くたびにお世話になっているGoogleを創業したラリー・ページ氏、毎日の投稿や連絡に使っているFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏、多くの名作で楽しませてくれている映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏、ついつい食べてしまうマクドナルド創業者のレイ・クロック氏、そして天才物理学者のアルベルト・アインシュタイン氏など、いずれもユダヤ人です。

 

また、ノーベル賞受賞者の20%もユダヤ人であり、フォーブスが発表する世界長者番付トップ20人のうち30%はユダヤ人と言われています。なぜユダヤ人には成功者が多いのかを語る上で紹介されるのが、”ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集”という書籍。

 

 

タルムードとは古代ヘブライ語で書かれた聖典で、ユダヤ人の教科書として母親が幼い子どもに読み聞かせをし、タルムードの教えとなる説話を話しては、「あなたならどうする?」と工夫やアイデア、考え方を引き出す教育が行われています。

 

 

目次を見ると、こんな感じに「金の冠をかぶった雀」、「正直な仕立て屋」、「ソロモン王のウィズダム」など、一つの説話ごとの話を紹介しながら、そこから何を学ぶのか?などが語られています。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、自分は電子書籍のKindleで読んだけど、もちろん紙の書籍もあります。こちらは全国の書店やamazon、楽天などでお求めいただけます。

 

 

そんな中から、自分が何か新しいことに取り組む際に意識していることとして、一つの説話をご紹介しますね。それは「魔法のザクロ」というお話です。

 

 

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集から引用します。

 

——–ここから———-

 

あるところに仲良しの3人兄弟が住んでいた。兄弟がそれぞれ成人に達したので、10年間各地で修行することにした。1人は東に、1人は西に、1人は南に旅立った。兄弟たちは旅立ちの前に誓い合った。「また10年後にこの家で会おう。そして、それぞれの10年間に自分が見つけたもっとも不思議なものを持ってくることにしよう」

 

1番上の兄は東に行き、ある旅人から世界の隅々まで見えるガラスのコップを買った。このコップから世の中を見渡すと本当に世界の隅々まで見えるのである。長男は、これこそが世界で1番不思議なものに違いないと確信した。

 

2番目の兄は西に行った。ある町の絨毯売りに会い、大金をはたいて、空飛ぶ絨毯を買った。間違いなくこれで他の兄弟たちよりも抜きに出たに違いないと確信した。

 

1番下の弟は南へ行った。どんどん南に行くと不思議な森に出くわした。その森に深く入っていくと、1本の不思議なザクロの木が立っていた。何が不思議かというと、花はたくさん付いているのに実は1つしかなっていない。真っ赤に熟れているのに1つだけ。不思議に思い、そのザクロの実を取ろうと手を差し出すと手のひらにポタッと落ちてきた。すると、また不思議なことに咲いていた花の1つが急に真っ赤な実に変わったのである。

 

「これこそが世界で最も不思議なものだ。この木を持って帰ろう」そう思ったとたんに、なんとそのザクロの木はパッと消えてなくなってしまった。はっとして手の中を見ると、ザクロの実は消えずに残っている。1番下の弟は、このザクロの実こそ不思議なものだと確信し、10年後に再開を誓った家に戻ってきた。

 

3人の兄弟は、それぞれ持って帰ったものを互いに見せ合った。

 

世界の隅々まで見えるガラスのコップで見ると、なんとある国のお姫様が重病でベッドに寝ている姿が映った。傍で王様が嘆いている。「誰か治してくれるものはいないか。どんな医者でも治せず、早くしないと死んでしまいそうだ」

 

これを聞いた3兄弟は、急いで行こうと魔法の絨毯に乗ってお姫様の元に飛んで行った。そして、1番下の弟が、「これを食べればお姫様の病気がきっと良くなるに違いない」と言い、ザクロの実を半分に割りお姫様に差し出した。これを食べたお姫様は、顔に精気が戻り、それまで歩くことが出来なかったお姫様が力強く立ち上がることができた。

 

王様は感激し、3兄弟にこう申した。「お前たち3人のおかげで姫が重病から回復した。3人の中から1人姫と結婚して良い。3人で話し合って誰が結婚するか決めなさい」

 

すると姫が「私に質問させてください」と割って入った。

 

 

まず、1番上の兄に姫が聞いた。「あなたは、世界の隅々が見渡せるコップで私の重病を発見してくれました。その望遠鏡のようなコップは今でも元のままですか?」

 

1番上の兄「はい。全く元のままです」

 

姫「2番目のお兄様、あなたは魔法の絨毯に乗って私のところにいち早く駆けつけてくれましたが、その絨毯は今でも空を飛べますか?」

 

2番目の兄「はい、全く元のままで何も傷ついていませんし、空も飛べます」

 

姫「さて3番目の弟、あなたは私にザクロの実を食べさせて病気を治してくれました。そのザクロの実は以前と違いますか?」

 

3番目の弟「はい、お姫様に半分差し上げましたので、今は半分しかありません」

 

そこで姫は高らかに宣言した。

 

「私はこの1番下の弟と結婚します。彼は私のために大切なザクロを半分失ったのですから」

 

——–ここまで———-

 

この説話で母親が幼い子どもに伝えたのは、先に大切なものを失わなければ何も得られない、ビジネス用語でノーペン・ノーゲインという言い方をするものでした。

 

この時に、お姫様と結婚できるかも?という期待が見えたからザクロを失っても構わないと思ったのではなく、先に大切なザクロを失った結果として成功が得られたという順番が大切だと、魔法のザクロの説話では語っています。

 

新しいことを始めるには、何のリスクもなしに成功が得られるものではありません。まずはうまく行くかどうかはわからなくても試してみる、まずは自己投資、先行投資してみるという形があってこそ、その結果として成功があるのだというお話です。

 

女性お顔そりも同じです。まずは自分がお金を払って体験してみる、その上で、自分もお顔そり美容法を取り入れたいと思ったら化粧品を購入し、セミオーダーチラシなどの集客ツールを取り入れてみる。さらに、自分が体験したのと同じ技術やカウンセリングノウハウを学びたいと思ったらシェービングスクールに申し込む。

 

女性お顔そりがもっと増えたらいいな~と思っているだけでは何も変わりません。まずは時間や自分、そしてお金という投資をすることで、成功の女神があなたに微笑みかけるのかも知れません♪これからお顔そりに力を入れたい方は「お顔そり美容法を始めたい女性理容師さんへ!」という記事も参考になるかと思います。

 

それではまた!


 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です