男性客は自分から言い出さず、プロからの声掛けを待っている?

理容サロンに来店されるお客様は、カット/シャンプーシェービングを中心にした男性と、お顔そりを中心にした女性に分かれるけど、男性と女性を見ていると消費行動が全く違うんですよね。

 

女性は壁面にあるオプションメニューや、カウンターに化粧品が置いてあったりすると「あれは何?」「これは何?」と自分から聞いてくるけど、男性は「いつもと同じで…」とか、気になるメニューPOPを目で追っていても自分から質問してくることが極端に少ない(汗)

 

実際、先日のブログでも紹介した6割の男女が男性の白髪に着目!髪ぼかし&白髪シャドウをもっと広めたいという記事でも、白髪があることに対して自然のままで良いと答えた人が約半数、ある程度まで黒髪を維持していたい人が半数と別れ、そのうちで黒髪を保ちたいと思いながら何もしていない人が61.1%というビックリの結果でしたよね。つまり、白髪は気になるけどそのままにしているって人が3人のうち2人もいるってことです!

 

そして、ヘアカラーメーカー「ホーユー」が実施した調査によると、理容室を使っている30~50代の男性のうち理美容師からのアドバイスが欲しいと答たのは「64%」、つまり、3人のお客様のうち2人はプロからのアドバイスを求めていることが分かります。ところが、実際には自分からは言い出さない人が圧倒的に多いのです。

 

 

数年前、マンダムが行った40代男性の身だしなみ外見意識調査報告によると、こんなことが書かれていました。

 

社会的に重要な立場を担う40代男性は周囲の目を意識し、不快感を与えないよう配慮した身だしなみを心掛けている。そして、言われて嬉しい言葉は「センスいいですね」「若いですね」「かっこいいですね」という外見に関する言葉。

 

また、逆に言われて傷つく言葉は「老けてますね」が33.5%と第一位で、一般的にわれている以上に見た目の若さを気にしている結果も出ています。なので、こうした男性心理を考えて、こんなお声掛けをしてはいかがでしょうか?

 

このカットのついでに15分ほどお時間をいただければ、真っ黒にならずさりげなく白髪を馴染ませることが出来ますよ。料金はプラス○○○○円になります。2ヵ月ほどで濃いめのグレーが少しずつ薄くなるだけなので、白髪が伸びても境目もほとんど見えません。

 

 

色は自然なグレー表現のシャドーモノクロームと、くすみを感じるスモーキーアッシュ。ホーユー「H.E.」公式サイトで詳しい情報はご覧いただけます。

 

 

なお、使用商品はホーユーH.E,シリーズとなりますので、ホーユー製品取扱いディーラーまでお問い合わせいただくか、FacebookメッセージやLINEトークからお気軽にご相談ください。

 

 

よろしくお願いします。

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です