商品代金のお支払いは自動口座振替が便利です!

ここ1年ほど、コロナ禍による接触を避けるという意味からなのか、請求書での担当営業によるご集金から、口座振替に変更される方が増えています。

自動口座振替では、お買物代金が指定金融機関から自動振替になるので、現金を手元に用意する手間や費用もかからず便利にご利用いただけるし、忙しい時に商品代引きの荷物が届くと煩わしいとか、担当営業が来たけどシャンプー中で手が離せないといった不便からも解放されます。ご家庭でも、電気、ガス、水道といった水道光熱費を始めとして、新聞の購読料、NHKの受信料、電話料金など、自動振替にしてますよね(笑)

と言っても、申し込みとか面倒じゃないの?と思われる方もいるので、実際の書類はどうなっているのかをご案内しますね!まずは、「自動口座振替にしてください!」とご連絡をいただくと、こちらから口座振替依頼書と返信用封筒をお送りします。

 

 

この用紙に必要事項をご記入の上、金融機関へのお届け印を捺印していただき、返信用封筒に入れて、送り返していただく形になります。口座振替依頼書には見本が付いていますが、簡単に説明しておきます。まず、口座振替依頼書は4枚つづりになっていて、1枚目が書き方の見本です。

 

 

ここをめくって2枚目を開きます。大きく分けて2つのマスがありますが、上はゆうちょ銀行以外をご利用の場合で、下がゆうちょ銀行をご利用の場合に書き込むところなので、自分が利用している金融機関により、どちらか一方に書き込めば大丈夫です♪

 

 

必要事項を書き込んだら、金融機関へのお届け印を押していただきますが、マスの中に押すのとは別に、欄外の捨印も忘れずにお願いします。印鑑漏れがあると、書類を送り返して送りなおしていただく手間が増えてしまうので、マスの中の押印と欄外の捨印は特にお気を付けください♪

記入と捺印が済んだら返信用封筒に入れて送り返していただきますが、この時に、送り返していただくのは2枚目の金融機関用と3枚目の委託者様用です。4枚目は、お客様用なので、お手元に控えとして残してくださいね(汗)送っていただくのは、こちらの2枚です。

 

 

 

 

4枚目はお手元に残してくださいね♪

 

 

書類が大和理器に届くと、金融機関での自動口座振替の手続きが行なわれ、書類郵送から2ヶ月後に口座振替が利用できるようになります。あと、実際のお支払いについての説明です。お買い物があった月は20日締めで請求書が発行され、数日後にサロンに郵送されます。引き落としの行われる翌月5日の前日までにご入金をお願いします。その後、請求書に記載された金額が自動口座振替で、当社へ送金されます。自動振替にかかる費用はありませんし、お買い物の無かった月には自動振替もありません。

なお、領収書は発行されないので税務申告に心配というお声もありますが、送られてきた請求書を保存しておくだけで経費の証明となり、支払証明は預金通帳に記載され記録も残るため、領収書は不要となります。

集金のために手元に現金を用意しておく、銀行へ行って引き出しておく、また、接客中に集金でお客様を離れるといったこともなくなり、大変に便利になるので、ぜひご利用になってくださいね!ご希望の方は、「自動口座振替の申し込みをお願いします」と、Facebookメッセージ、LINEトークからお声掛けください。

 

また、大和理器では動画による商品情報の発信も行っています。大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です