価格で集まる1回きりのお客様でなく、最初から「100回客」を最初から集める方法

メールチェックをしていると、以前に東京や大阪で、何度かの講演活動をお願いした高田靖久氏からのメールマガジンが来ていた。そういえば、以前に読んだ「最初から100回客を集める方法」がかなり良かったんだな!

 

 

ここではメールマガジンの一部をご紹介しますね!

 

———–ここから————–

 

現在、多くのお店が、安さを売りにして新規客を集めている。だが、大きな割引で集めたお客様は「1回きり」で終わりやすい。いくら新規客をたくさん集めても、1回きりのお客様ばかりでは、売上は増えない。毎月1回きりのお客様を100人集め、「その月の売上をつくって終わり」という状態だ。

 

しかも、その売上を維持しようと思えば、毎月大きな割引を使い、100人のお客様を集め続けなければならない。100人もの新規客を集め続けるのに、どれだけの経費と手間がかかるだろうか?想像しただけでも身震いするが、現在多くのお店が、この渦にはまって抜け出せていない。

 

本書の狙いは、その真逆にある。最初から「100回客」を集める。今後、あなたのお店に「100回以上利用してくれるお客様」を最初から狙って集客するのである。

 

———–ここまで————–

 

まさに、お顔そり美容法セミオーダーチラシのデザインを作る時に、一番に考えたことでした。新聞折込チラシといえば、割引やクーポンが付いてお得さでお客様を集める。でも、お顔そり美容法はそれではダメなのです。

 

お顔そり美容法は、うぶ毛はもちろんのこと、加齢により固く厚くなった老化角質を優しく丁寧に取り除き、お肌細胞の新陳代謝に働きかけ、年齢に負けないお肌をキープし続けるために行う定期的な美容法なので、正常なお肌のターンオーバーに合わせ、28日に一度のペースでお顔そりされることをお勧めしています。

 

そういう意味では、1回きりのお客様を集めるのではなく、最初からリピートしやすいお客様を集めることが大切になってきます。まさに、最初から100回客を集めることを目的としたチラシデザインでした。

 

 

例えば、この書籍の中でも、ポスティングを続けていた美容室という例が挙げられていました。たまたま信号待ちで見かけたのがこのチラシで見かけた美容室のロゴ。スーパーへの通り道であり、何十回、何百回とこの道を通っているのに、美容室があることさえ気づかなかったこと。そして、その後もポスティングは続き、最初はそれほど混み合っているように見えなかったお店が、現在は「今日も満席っぽい!」という光景を見ることが多くなっていったという話からも、お店を気づいてもらう大切さであったり、続けることの大切さを感じたりしています。

 

内容は、5章から構成されています。

 

1章…ネット集客の落とし穴
2章…新規客が集まらない「3つ」の理由
3章…売上半減の業界から生まれた新規集客方法
4章…「100回客」をザクザク集める方法
5章…バリューレターの使い方
最終章…さあ、100回客を集めよう!

 

トータルで半日もあれば読み切れる内容ですが、気になったところは付箋を貼り付け、繰り返して理解することで、ご自身の商売にお役立ていただければと思います♪


 

それでは、よろしくお願いします。

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です