ホテルや保育施設等で大人気!クラシエ泡ハンドソープに新しく2リットルサイズが登場です!

新型コロナウイルス感染症拡大とともに、手洗い、消毒の大切さが取り上げられ、ハンドソープの消費量が大きく伸びていて、コロナ以前と比べて2倍も使われているというハンドソープ。そんな中、意外と知られていないのが、クラシエがホテル業界や施設関係向けに販売しているハンドソープが人気になっているということ。

 

今回は、ホテル用業務用サイズ10リットルを、理美容サロン向けに使いやすい詰替サイズ2リットルしたリフィルサイズが発売になるので、改めて、クラシエ泡ハンドソープの魅力を確認していきましょう!

 

まずは、雑誌「LDK」の公式Twitterアンケートでは、10人中7人以上の方が1日に手を洗う回数は5回以上と答え、さらに、9回以上洗うという人も実に34%。さらに、「ハンドソープ選びで最も重要視するのは?」といったアンケートでは、除菌できて手肌に優しいハンドソープが理想との回答が多くなっています。

 

そんな中、クラシエ泡ハンドソープが業務用として多くの施設で使われている理由が、医薬部外品であり、殺菌剤のイソプロピルメチルフェノールを配合しながら、手肌への優しさにこだわり、洗浄成分の100%が植物生まれであること。そして、うるおい成分としてアロエエキスを配合していることで、理想のハンドソープに求められる、除菌できて手肌に優しい品質となっています。

 

 

今回、新しく発売になるのはクラシエ泡ハンドソープ<FH>2リットルサイズですが、先にアプリケーターに入った営業見本が届いたので、さっそく試し、その印象をレポートしていきます。なお、普段から、会社でも自宅でもハンドソープを使っているので、他のブランドとの違いというのも実感できるかと思います。

 

 

ポンププッシュすると、クリーミーでこんもりした泡が出てきます。他にも泡で出るタイプを使っているけど、泡の密度はこちらの方が圧倒的に高く感じます。その反面、ポンプの口の泡切れが良く、ポンプが戻ったあとの液ダレがないのが嬉しいですね!これなら、洗面台の周りを汚してしまうことも無さそうです。

 

また、泡密度が高いので、10秒間のもみ洗いをしても手の中で泡が消えてしまうことはなく、それでいて、泡切れの良い石けんベースで作られているので、10秒のもみ洗いのあと、ぬるつきが残らず、サッと洗い流すことが出来、節水と時間短縮が可能でした。

 

こうしたちょっとした機能って大切ですよね!理美容師さんは手を洗う回数も多いから、泡立てる必要のないクリーミーな泡がすぐに出て、もみ洗い10秒をしても泡が消えること無く、それでいて、洗い流すときは泡切れが良くてすぐに仕事に戻れる。そして、何よりも嬉しいのが無香料だということ。

 

お顔に触れる仕事をしていると、ハンドソープのニオイ移りは気になりますよね!こうした点も、ホテルや温浴施設で業務用ハンドソープとして選ばれている理由なのかも知れません。あっ!ちなみに、ホテルや保育施設、温浴施設などで使われているのは10リットルサイズという、ウォーターサーバーの水タンク並みの大きさなので、理美容サロンでは置き場所に困りますよね(汗)

 

なお、クラシエ泡ハンドソープ<FH>2リットルの発売は2021年10月4日予定で、初回のご注文に専用アプリケーターをご用意いたします。

 

 

仕事中の手洗いを短時間で効率的に行いながら、しっかり殺菌消毒でき、無香料だから、お客様の顔に触れるときでもニオイが気にならない便利なハンドソープなので、ぜひ、理美容サロンの必需品としてご使用いただければと思います。なお、お値段は2リットル入り1,650円(税別)となります。

 

それでは、よろしくお願いします。

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です