バランスボールを椅子代わりにすると体幹が鍛えられる!?

長時間の運転や長時間のデスクワークで腰に負担がかかるようになったことから、整形外科のリハビリしたり、ここ1年はDr.ストレッチと言うストレッチ専門店でボディメンテナンスしてもらってます。トレーナーさんには家で一人でも出来るホームストレッチも教えてもらい、一時期よりは、ずいぶんと楽になったかな?そんな中、ネットで調べ物をしているときにふと目に留まったのが、バランスボールを椅子代わりにしているオフィスの画像。

 

 

へ~、これならお尻も痛くならなそうだし良さそうだな~と思い、改めてバランスボールを調べてみました。バランスボールを最初に作ったのがイタリアのプラスチック製造会社で1963年のことでした。その後、スイスでリハビリテーションのための医療器具として使われるようになったそうです。50年以上前からあったと知り、改めてビックリ!そういえば、整形外科のリハビリルームにも置いてあるのを見たことがあったかも?

 

医療用としては脳へのアプローチとして利用されていて、バランスボールに乗ると身体がゆらゆらするので、自然とバランス感覚を調整している小脳が働くことで小脳のまわりの血行が良くなり、結果として脳にたくさんの酸素や栄養素が送られ機能が改善するという考え方だったのですね!

 

そして、最近注目されているのが体幹トレーニングへの活用。バランスボールに座ると足をついていてもバランスボールが転がりそうになるので、自然とおなか回りのインナーマッスルを鍛えるトレーニングになり、腰をまっすぐにして座ることから骨盤が立ちやすく、左右前後に動きそうになるのを戻すためにあちこちの筋肉を使うため、体幹が鍛えられるらしい。

 

ということで、色々と調べて買ってみたのが直径65mのこちらのバランスボール。ちなみに自分は身長171cmでこの大きさがピッタリだったけど、155cmくらいの女性だと直径55cmのものが良いみたいです。これに座ると、普段使っている椅子より2~3cm高いかな?というくらい。椅子の上にクッションを置くのと同じくらいの感じです。

 

 

ちなみにバランスボールと空気入れがセットになっていて税込1,980円だけど300円OFFクーポンがついていたから1,680円でした。送られてくるときには、畳まれたバランスボールと空気入れポンプが左下の箱に入ってきて、指定の大きさになるまでポンプを足踏みして頑張ります(笑)

 

 

初めてバランスボールに座ってみると、足の裏が床についているのに、ボールがゆらゆらと動き安定しない。お尻が揺れるように動いていしまうから、それを支えるために足に力が入ってしまうし、しばらく座ってから立ち上がると、船酔いしたみたいに平衡感覚がゆらゆらするから、慣れないと変な感じです(汗)

 

でも、数日すると慣れてきて、バランスボールに座ったままキーボードを打つことも出来るようになってきて、この文章もバランスボールに座ったまま入力してます(笑)試しにおそばを食べてみたけど、これも問題なかった、慣れれば大丈夫なもんだね♪

 

そして、ここ数日試しているのが、バランスボールに座ったまま両足を前に上げてバランスを取る姿勢を取ること。と言っても、テレビを見ながらやっているので、練習しているというより、ながらテレビという感じかな?もうしばらくしたら、こんな感じでテレビやYoutubeを見ているかも知れません(笑)あっ!こちらの画像はネットからお借りしました m(__)m

 

 

まあ、良いと言われるものは何でも試してみることが一番!楽しいと思えたら続ければ良いし、使わなくなったら、お孫ちゃんにプレゼントしても良いし(爆)ということで、上手に乗れるようになったら動画でも撮ってアップしますね♪それではまた!

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 

 

理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です