理容サロンにもオススメ!Looopでんき乗換で見えた驚きの数字!

 

会社にかかってくる電話というというと、理美容サロンや取引先メーカー・理美容商社からばかりではなく訳の分からないセールス電話も多い。不動産投資であったり、ホームページ制作、集客代行などもあるけど、一番多いのが電気料金の見直ししませんか?という電話。うっかりすると、1週間に一度じゃきかないくらい頻繁にかかってくる。

 

理美容サロンの皆さんも、お仕事中のセールス電話に迷惑しているという方はいらっしゃいますよね?そこで、大和理器が「電気料金見直し電話」に対抗するために行ったことと、その結果として得られた大きなメリットについてご紹介していきますね!この記事を読めば、あなたも電気料金が年間で数万円単位で変わるので、ぜひ最後までお付き合いください(笑)

 

 

こうした営業電話がかかってくる時に一番断りやすい言葉は「電力会社はもう変えました」という言い方。そこで、相手からの売り込みを待つのではなく、自分で調べることにしました。

 

まずは電気料金比較サイトを見て、評判の良さそうな電力会社のホームページから料金シミュレーションして3社ほどに絞り込み、その中から、去年一年間に実際に使った電気使用量明細で正確な見積り金額を出してもらうため一社を選びます。今回は、料金シミュレーション結果が一番安く、また切り替えて良かった電力会社No.1を獲得しているLooopでんきを選びました。

 

 

まずはLooopでんきとメールのやり取りを始め、2020年度1年間の東京電力からの請求明細書をpdfファイルにして送り、正確な見積り金額を出してもらいます。まずは2020年の実際に支払った電気料金がこちら。

 

 

大和理器では、一般的な電化製品を動かすための従量電灯Cと、エアコンとエレベーターを動かす低圧電力、一般的には動力という言い方をする電気の2種類の契約をしています。これを見ると年間で約60万円もかかっています(驚)これをLooopでんきで試算してもらったのがこちら。

 

 

これから分かるのは、一般的に使う従量電灯Cは30%くらい、低圧電力は2.5%ほど安くなるらしい。これなら年間で10万円ほど違ってきそう。ただ、こうしたシミュレーションが実際にその通りの数人になるのかも気になるところですよね?そこで、導入後3ヶ月間の結果が出たところで実際の数字を見ることにしました。いざっ!

 

 

こちらは、8月から10月までの3ヶ月間の電気料金を前年と比較した結果です。

 

 

通常の電気料金に相当する従量電灯Cは驚きの前年比71.7%!つまり28.3%も安くなっていることが分かります。それに対して低圧電力が前年比113.9%と増加しています。ただ、低圧電力を使うエアコンは夏場と冬場に料金が上がり、春と秋は半分近くまで下がるから、季節を切り取った同時期での単純比較は難しく、一年間を通してみないと正確な判断は出来ないようです。

 

ということで見えてきたのは、一般家庭であればLooopでんきへの切り替えで30%ほど電気料金が抑えられること。そして、業務用エアコンで動力を使っている場合には、そちらの電気料金は僅かな差であることでした。それでも、低圧電力が前年変わらなかったと仮定してもトータル20%弱、金額にして12万円ほどの電気料金削減につながるので、その切替パワーは恐るべしですね!

 

「電気料金の見直しをしませんか?」というセールス電話に対抗するために始めた電力会社切り替えだったけど、結果として大幅な固定費削減も実現できたので、良いことばかりでした。メールのやりとりもスムーズだし、内容も納得した上で切り替え出来たし、もちろん実際に3ヶ月間使って何のトラブルも無いので、良かったら皆さんも【Looopでんき】を検討してみてください。

 

それではまた!

 

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です