石けんの香りで清潔感のあるタオルに!ホットキャビをご利用の方にもオススメ!

理容室で、肌に触れて一番気持ちが良いと言われるのがムシタオル。そんなタオルを80℃以上の湿熱で殺菌消毒してくれるのがタオルスチーマーですが、皆さんは、タオルスチーマー専用芳香剤はお使いになっていますか?そんなの前から使っているよ!という方が多いかも知れないけど、意外と知られていないのが、毎日使い続けることで、タオルスチーマーの水あか防止になり、ヒーターをトラブルから守ってくれる芳香剤もあるという点。例えば、そんな中の一つがこちら。

 

ファーファ タオルスチーマー・ホットキャビ用タオルコロン

 

 

老若男女問わず愛される石けんの香りが楽しめる上に、水あか防止成分配合で、タオルスチーマーへの水あかの付着を防いでくれるし、アレルギー試験合格済みなので、お肌に直接使うムシタオルにも安心してお使いいただけます。こちらが、ファーファタオルコロンを入れなかったものと入れていたタオルスチーマーヒーターの水あか汚れの違いで、これだけ、清潔感が違ってくるんですね。

 

 

スチーマーヒーターに水あかが溜まると故障の原因にもなるし、ヒーター交換ともなれば高額な修理代がかかったり、最悪のケースでは修理不能になります。1年に数回、専用クリーナーで大掃除をする方法もあるけど、なるべくなら、日々のケアで、いつもきれいな状態でいられると嬉しいですね!

 

それでは、ファーファ タオルスチーマー・ホットキャビ用タオルコロンの使い方のご紹介です。

 

タオルスチーマーでお使いになる場合には、水が入ったスチーマーの水タンクに、タオルコロンを30~50mlほど投入してください。目安としては、タオルが12~16枚入る小型タオルスチーマーでキャップ1杯、タオルが20~24枚入る中型タオルスチーマーでキャップ2杯となります。

 

 

また、乾熱式であることからタオルスチーマーのような水タンクを持たないホットキャビで使う場合は、シャンプー台に水を10リットルほど貯めてタオルコロンを30ml溶かし、その中におしぼりを10~15枚ほど入れ、浸したおしぼりをよく絞ってから、ホットキャビに入れてください。

 

 

この時の注意点が一つ!タオルスチーマーでの消毒が終わったタオルをお顔そりルームのホットキャビに移し替えて使うケースががあるかと思います。ところが、ホットキャビは乾熱式で、さらに最高温度75℃までとなっていることから消毒機能を持たず、ホットキャビに長い時間タオルを入れておくと、臭いが気になることがあります。なるべくなら、タオルスチーマーからは一人分ずつを移動しながらお使いになることをオススメします。

 

なお、ファーファ タオルスチーマー・ホットキャビ用タオルコロンの通常サロン価格は1,280円(税別)となっていますが、2021年9月1日~2021年9月30日のご注文に限り、泡の色が変わる30秒手洗いで人気のファーファ薬用泡ハンドソープ500ml(ポンプ式)を1本プレゼントいたします。なお、ポンプサイズが無くなり次第、ファーファ薬用泡ハンドソープ800ml(詰替)に変わりますので、ご予約はお早めにどうぞ!

 

こちらは、ファーファ薬用泡ハンドソープの紹介動画です。

 

 

それでは、よろしくお願いします。

 

また、大和理器では動画によるさまざまな商品情報の発信も行っています。
大和理器Youtubeチャンネルの登録はこちらからどうぞ♪

 


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です